FC2ブログ
≪ 2018 12   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2019 02 ≫
*admin*entry*file*plugin
未分類の記事一覧

燃費1番さんサイトでの反応 

↖↖↖左上の文字変更スイッチで
文字大きさを変更出来ます。(PC閲覧用)
ご利用下さいませ。



2010年式 トヨタ プリウス Sツーリング 1800cc NA CVT FF
 新型 forベーシック新成分添加パワーアップ版

イメージよりも非常にコンパクト、かつ軽量であるなというのが
受け取って初めての印象でした。

丁寧な説明書きも入っておりましたが、ちょっと違う使い方を
試してみようとBピラーに仮付けしてみました。

結果としては、静粛性が非常に向上しました。驚きでした。

イメージとしてはBピラーの剛性がアップして、
フロアとルーフの振動が抑えられている感じです。

見た目に反する絶大の効果は、目を見張るものがあると思います。

これがベースとのことなので、さらに上級の製品はどうなのかと
非常に気になり追加で購入しました。

この製品は気軽に試してみる価値があると思います。





2012年式 トヨタ ヴィッツ RS G’S 1500cc 5MT FF
  TYPE-S ベースS

お世話になります。インプレを送らせていただきます。

G’Sモデルはスポット溶接がされているので、
ドアヒンジ下部に貼り付けてこれ以上剛性を上げ
ガチガチになるのが怖いため、ストラット部へ貼り付けました。

貼り付けて乗ってみて、1番ビックリしたのがしなやかに足が動くし
ロールが軽減されて山道が楽しく走れると言う事です。

硬い足にハイグリップタイヤで突き上げも酷かったのが和らいだ感じです。

また、ストレートマフラーと剥き出しエアクリと軽量フライホイールと
ビッグスロットル装着のため、低速トルクが無く乗りづらく今までなら
軽くアクセルを踏んで回転を上げてから発進していましたが、
平地なら回転を上げなくても発進出来る様になりました。

燃費は、約2.0km/L向上しました。

トルクが上がった事によりスタート時の無駄なアクセル吹かしが無くなった事と、
アクセルをそんなに開けなくても加速するので最高です。

今まで、色んな燃費グッズを試してみるも納得いかなかったが、
パルスエボリューションは体感出来るのでビックリです。





2000年式 スズキ アルトワークス RS/Z HA22S 後期型 AT
 for ラジエターパワー

パルスエボリューション for ラジエターパワーを
ラジエターキャップに貼るだけ。

それだけで、車の始動加速がとんでもなく速くなります。

これで病みつきになったら、
Aピラー左右上下、以下のようにパルスエボルーション
関連商品を貼り付けてみて。

forミドルレブS
forステージII
(Aピラー)
forベーシック
forベースS

車が速くなりすぎて、困っております。

良い製品をありがとうございます。





2005年式 トヨタ プレミオ 1800cc 4AT FF
 forベースS

メーカー推奨の左右フロンドアヒンジのすぐ上に貼り付けました。

取りつけ前にアクセルべた踏みで加速感を覚えて比較するように
指示がありましたが、できませんでした。

取り付け後に同じようにしてコンピューターに
学習させるようにとも指示がありました。

べた踏みまではいきませんでしたが、レッドゾーン近くまで引っ張れました。
学習はできたと思います。

フィーリングは、加速が良くなりました。

エンジンルームにつけたわけではないのに、
エンジン音が小さくなりました。

エンブレが効かなくなり、ローまで落とすと違いがよくわかります。

またフロントのサスが少し硬くなりました。

燃費は8%も向上して、期待以上でした。





2009年式 ダイハツ ハイゼット カーゴ ターボ 4AT 後輪駆動
 forベースS

パルエボTYPE-S(スポーツ)forベースSを
推奨位置のの左右フロンドアヒンジの上に貼り付けました。

アルミテープチューンやアーシング・T〇.WORKS Ignie V〇D alpha 16v などで、
燃費向上効果が期待以上に良い結果として出ていますので、
結果的には大幅な向上は数値的には表れませんでしたが、
オイル交換直後のようにスムーズにエンジンが回るような感覚及び
信号待ちでのアクセルオフでエンジンブレーキの効きが
今まで以上に弱くなり惰性運転での走行距離が
伸びている感覚が向上しているように思います。

ターボ車にて走行距離が17万キロオーバー車のため、
加速向上は感じること(普段余りエンジンを高回転で使用しません)は
有りませんでしたが間違いなく体感できるパーツとしてお勧めできます。

高速走行すれば間違いなく、
燃費は今回のデータ以上に向上することは間違いありません。

取付位置を変更して、より良い効果の得られる場所を
探すのも楽しいかもしれませんね。
マイナス5点は、ピカピカ光る外装部が少し弱いように感じる点でマイナス致しました。

<メーカーからのコメント>
アンケートにお答えいただきまして誠にありがとうございます。
外装部のご指摘ありましたが、パルエボシリーズよりも5~10倍の
価格の見た目高級なグッズでも効果が微妙な物も御座います。

パルエボシリーズは見た目よりも、お車の性能アップを最重視して
作製しておりますのでご容赦頂けると嬉しいです。

それと設置後は必ず高回転まで回すことで乗り方のクセがリセットされ
性能が100%発揮されるようになっておりますので
必ずリセット作業をお願いいたします。
楽しいお車になります事を祈念しております。

パルエボは色々なシリーズがありますので、ぜひお試し下さいませ。

今後ともパルスエボリューションシリーズをどうぞよろしくお願い致します。
ありがとうございました。





2002年式 スバル フォレスター ターボ 4WD
 forステージII

イー〇ック様、G〇K様の商品を複数装着しているため、
効果がわかるかな?と思いながら、説明書を読み、
定番のAピラー下部のフロンドアヒンジ部付近に装着。

低速トルクがより厚くなった印象で、出足が良くなりました。

その他、オーディオのボリュームが少し大きくなり、
音声が今までより上の方から聞こえてくる感じがします。

他にも色々なグッズをつけている中で、
はっきりと効果を感じられたので良かったです。

マイナス点は、乗り心地が固くなった点です。
(他のグッズとの相性もあるかも?)

今後は、パルスエボリューションシリーズの追加購入と、
設置場所を色々変えて試してみようと思います。

<メーカー様からのコメント>
アンケートにお答えいただきまして誠にありがとうございます。

剛性感が上がって乗り心地が固く感じる場合は、
設置位置をより上の方に取り付けるとしなやかな乗り味になると思います。

色々なシリーズがありますので、ぜひお試し下さいませ。
今後ともパルスエボリューションシリーズをどうぞよろしくお願い致します。
ありがとうございました。





2015年式 スズキ アルト X CVT 4WD
 forステージII

頂いたステージIIをフロントサスのロアーアームに取り付けました。

一晩置くと、坂道でもそれほどアクセルを踏み込まずに進んでいきます。

同じ速度でも瞬間燃費で15km/Lが18km/Lと表示されるようになりました。
まだ、満タン法でも20km/Lが22km/Lに向上しています。





2017年式 日産 NV100 クリッパーバン
 forステージII

NV100クリーパーバンに使用しました。

軽ワンボックスへの取り付けですが、
Aピラーのドアヒンジのところに取り付けました。

当初は変化がなかったのですが、一度アクセルを全開にした後は
少しずつ低速トルクが向上してきた感じがし、
4ATですが1速と2速のつながりが良くなり、冬季なのに燃費が向上しました。

これは夏季になるのが大変楽しみです。



スポンサーサイト

11月に入りパルエボシリーズが               さらにパワーアップ!! 

↖↖↖左上の文字変更スイッチで
文字大きさを変更出来ます。(PC閲覧用)
ご利用下さいませ。


いつもパルスエボリューションシリーズを
ご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

パルスエボリューションシリーズは
より良き物をと、lお客様の感想等を元に改良に改良を
重ねてまいりましたが
この11月からまた、新成分の発見、封入により、
さらに飛躍的な性能アップを果たすことに成功しました。


もちろんそれまで購入して頂いたパルエボシリーズに後付けしても、
きっちりと相乗効果が上乗せされるよう開発致しました。


皆様から頂く装着例、ご感想、インプレッションが開発の
大きなモチベーションとなり
より良い商品開発の力になっております。
誠にありがとうございます。


今後とも設置されたお客様のお車(バイク)が楽しいものとなり、
皆様に喜んで頂けますよう努力していきますので、
パルエボシリーズを今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


いつもお世話になり誠にありがとう御座います。

☆ 大感謝しております ☆


パルスエボリューション.com
 平 忠士



(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

パルエボ1番

Author:パルエボ1番
パルスエボリューション.comへようこそ!

QR